はじめに
成功事例
個人情報保護法
会社概要

広島市の名簿のことならお任せください

企業データ・法人リスト・同窓会名簿などはテレマーケティング、ダイレクトマーケッティングによる顧客開拓に必要不可欠な要素です。
広島市名簿センターは貴社のビジネスに必要な「どこに売り込みをかけるべきか」を追求した、独自のデータベースを作成いたします。

広島市は、世界史上初めて核兵器で爆撃された都市として、世界的に知名度が非常に高く、それ故に国際平和文化都市としても一定の影響力を持っており、広島市長の発案で創設された「平和市長会議」には150を超える国から4600以上の自治体が加盟しています。 第二次世界大戦以前には軍事都市であった歴史とは対照的です。 都市としての広島の歴史は、戦国大名の毛利輝元が1589年に広島城を建設したことに始まり、江戸時代には、広島藩42万石の城下町として藩主浅野氏のもとで発展しました。 戦前には、陸海軍の拠点が集中する軍事都市となり、特に日清戦争時には広島大本営が置かれて帝国議会が開かれるなど、臨時の首都機能を担いました。 第二次世界大戦末期の1945年8月6日、アメリカ軍の戦略爆撃機B-29によって広島市中心部の相生橋上空に原子爆弾が投下され、きのこ雲が立ち上り、市街地は一瞬にして破壊されました。 当日中に数万人、1945年末までに13万人位の人命が奪われ、生存者も火傷痕、放射線後遺症、精神的後遺症、遺伝への不安に生涯苦しむなど、市民が経験した苦痛は人類史上類を見ないものでした。

国内最大級の良質な名簿リストを保有する広島市名簿センターにぜひご用命ください。
名簿図書館の最新データベースと企業・法人リストは1億5000万件以上。貴社のサービスや製品のターゲットになる業種、地域、年齢層などを絞ってデータベースを作成いたしますので、コストや時間を無駄にせず、効果的なテレアポやDMなどの営業活動にご使用いただけます。

お申し込みはこちらから承ります。

0120-978-386