はじめに
成功事例
個人情報保護法
会社概要

福岡市の名簿のことならお任せください

企業データ・法人リスト・同窓会名簿などはテレマーケティング、ダイレクトマーケッティングによる顧客開拓に必要不可欠な要素です。
福岡市名簿センターは貴社のビジネスに必要な「どこに売り込みをかけるべきか」を追求した、独自のデータベースを作成いたします。

福岡市の玄関である博多及び博多湾は古代から大宰府の外港として発展し、渤海や支那大陸方面との貿易・交流や軍事の拠点として利用されました。 鎌倉時代にはモンゴル帝国による『元寇』に於ける主戦場となり、戦国時代初期頃には自治都市として繁栄していたが、末期頃には貿易による利益に注目した九州・中国地方の諸大名による侵略と支配を受け、その後豊臣秀吉の手で再び復興されました。 江戸時代に博多の那珂川対岸に黒田氏が福岡の元となる福岡城とその城下町を整備し、「城下町・福岡」と「商人の街・博多」で分担が可能な「双子都市」が成立しました。 また黒田藩は博多の町人自治を認めたため、博多では豊かで気品に満ちた町人文化が育まれました。 明治維新の際に福岡と博多は再編され一つの地域区分となり、行政上の名称は福岡市となりました。 現在では福岡は天神と呼ばれ、百貨店やファッションビルが集積する九州地方の商業の中心地となっており、また博多は新幹線の駅や空港が近く、オフィス街として発展しています。 江戸期に那珂川の中州に形成された歓楽街は中洲として全国的に有名で、常設される屋台の数は日本一で、天神・中洲・博多・長浜などで夜間に店が出て、屋台目当ての観光客も多いですね。

国内最大級の良質な名簿リストを保有する福岡市名簿センターにぜひご用命ください。
名簿図書館の最新データベースと企業・法人リストは1億5000万件以上。貴社のサービスや製品のターゲットになる業種、地域、年齢層などを絞ってデータベースを作成いたしますので、コストや時間を無駄にせず、効果的なテレアポやDMなどの営業活動にご使用いただけます。

お申し込みはこちらから承ります。

0120-978-386